コラム

マンション管理会社の変更手続きについて解説|流れや注意点

■マンション管理会社変更の手続きと流れ

 

マンション管理会社と契約しているが対応に不満がある、あるいは、マンション管理会社の料金が割高だと感じられる場合やオーナーのニーズに合致しない場合などは、現在のマンション管理会社から別のマンション管理会社へ変更できます。

 

マンション管理会社変更の際は以下のような流れで手続きを進めます。

 

・マンション管理会社を変更したい理由や求めることを検討する

・ニーズに合った変更先のマンション管理会社を探す

・変更を検討しているマンション管理会社に相談する

・変更を検討しているマンション管理会社から見積もりを取得する

・現在契約しているマンション管理会社へ解約を申し入れて手続きする

・変更するマンション管理会社に事務の引継ぎをする

 

マンション管理会社の変更をするときは、現在のマンション管理会社に解約の申し入れ・手続きをして、変更するマンション管理会社と契約手続き・業務の引継ぎをするのが基本的な流れです。

ただし、解約手続きや契約手続きの前に変更したいマンション管理会社の目星をつけ、管理会社から見積もりを取得したり、話を聞いたりする必要があります。

 

マンション管理会社変更の手続きでは、基本的に新旧の管理会社の方で事務の引継ぎを行います。

スムーズに引継ができているか、漏れがないかチェックするためにも、引継ぎ状況はこまめに確認しておきましょう。

 

■マンション管理会社を変更するときの注意点

 

マンション管理会社を変更してもオーナーが望む管理をしてもらえなければ意味がありません。

マンション管理会社を変更するということは現在のマンション管理会社に不満があるなど、何らかの理由があるはずです。

マンション管理会社を変更してニーズに合った管理ができるように、変更を検討しているマンション管理会社の話はしっかり聞いておきましょう。

よりニーズに合ったマンション管理会社を選ぶために、いくつかの会社から話を聞いても差し支えありません。

検討しているマンション管理会社すべてから話を聞き、見積もりで料金なども比較してみましょう。

 

たとえば旧マンション管理会社の料金に不満があったとします。

このようなケースでは単純に見積もりなどで料金を比較しがちですが、料金が安くても必要な管理業務をしてもらえなければ管理会社の変更を後悔するかもしれません。

料金などの一点だけ注目するのではなく、総合的に管理会社を比較することが重要です。

 

■最後に

 

マンション管理会社の変更は新しい管理会社探しを行い、変更先管理会社を選んだら現在のマンション管理会社で解約手続きを行い、新しいマンション管理会社と契約するという流れです。

契約と解約の手続きが大幅にずれてしまうとマンション管理に穴が出てしまうため注意してください。

 

マンション管理のお悩みはスペースエンタープライズへお気軽にご相談ください。