コラム

不動産の管理会社変更できる?変更の手順と注意点

不動産管理会社に不動産管理をお願いしている場合でも「他の不動産管理会社に変更したい」と思うケースがあります。
すでにお願いしている不動産管理会社に不満や不信感などが出てきたときは管理会社の変更は可能なのでしょうか。

 

結論から言うと「管理会社変更は可能」です。

 

不動産管理会社を変更したい場合はどのような手順で行えばいいのでしょうか。
そして、不動産管理会社変更の際はどのようなことに注意すればいいのでしょう。
不動産管理会社変更の手順と注意点について解説します。

 

不動産管理会社変更の手順

不動産管理を依頼する側は長く良い関係を築きたいと思って依頼するはずです。
しかし、担当とのやり取りや会社の対応に不信感や不満を抱いてしまうケースも残念ながら存在します。
実際に不動産管理会社と契約したらサービスがニーズに合わなかったというケースもあるはずです。

 

不動産管理会社は不動産オーナーのニーズや都合に合わせて変更できます。
不動産管理会社変更は次の手順で行います。

 

・不動産管理会社変更前に現在の契約内容を確認する
・なぜ不動産管理会社を変更したいと思うのか明確にする
・新しい契約先管理会社の目星をつけ、相談する
・契約内容の解約予告に合わせて現在の不動産管理会社に
・管理会社変更前の会社と変更後の会社で引継が行われる

 

不動産管理会社変更の際にまず行いたいのは契約内容の確認です。
「解約の予告は何カ月前に行わなければならないか」などの事項を確認し、解約の準備をするためになります。

 

解約の準備をしつつ新しい不動産管理会社を見つけます。
不動産管理会社変更の際は「なぜ管理会社を変えようと思ったか」を明確にしておくと新しい契約先選びに役立ちます。
ニーズに合わせて新しい契約先に管理会社変更できるからです。

 

解約予告の状況に合わせて旧不動産管理会社を解約し、新しい不動産管理会社変更を行います。
その後に会社間で引継をするという流れです。

 

不動産管理会社変更の注意点

不動産管理会社変更の際には注意したいポイントがあります。

 

・入居者に不動産管理会社変更や振込先口座変更について伝えるのを忘れない
・保証会社によっては不動産管理会社変更によって契約終了になるので注意する
・旧会社と不動産管理会社変更先の引継ぎがスムーズに進まないことがある

 

不動産管理会社変更は入居者にとっても重要です。
変更があったことを早めに伝えておきましょう。

 

保証会社の契約終了になることもあるため、入居者によっては「保証なし、連帯保証人なし」の状況になることがあります。
あらかじめ対策を講じておく必要があります。

 

旧会社と不動産管理会社変更先の引継については定期的に確認を取ることも注意点です。

 

最後に

不動産オーナーが納得できるかたちで不動産を管理できれば最良です。
そのために不動産オーナーの意思での不動産管理会社変更も可能になっています。
不動産管理会社変更の際は手順と注意点を留意して進めましょう。

 

不動産管理についてのお悩み解決はスペースエンタープライズ株式会社にお任せください。