コラム

不動産投資で満室経営するコツとは?管理会社選びなどコツを解説

不動産投資で利益を出すためには「空室」への対策が重要になります。
不動産投資で空室が出てしまうと、基本的にその分の賃料は得られません。
そのため、オーナーにとって不動産投資の空室はデメリット以外の何ものでもないのです。
空室状況を改善し、満室経営あるいは満室に近い状況で運用することが重要になります。
 
不動産投資で満室経営するコツについて解説します。
 

■不動産投資で満室経営するコツとは?

 
不動産投資で満室経営するコツは4つあります。 
 
・借主の声を活かす
・必要な修繕などを行う
・管理会社を選ぶ
・ターゲット選定
 
空室状況を改善して満室経営するときは、黙っていても空室状態は改善されません。
管理会社を選び直すなど、オーナーの行動が重要になります。
 
 

■管理会社選びなど不動産投資で満室経営する4つのコツ

 
満室経営のためのコツについて、もう少し具体的に説明します。
 
コツ①不動産投資では借主の声を運営に活かす
 
オーナーが「現状で良い」と思っていても借主には不満があるかもしれません。
特に設備の不備や老朽化、入居環境の悪さや物件の狭さなどは借主の不満が出やすいポイントです。
借主の不満点などをチェックし改善することが不動産投資のコツになります。
 
コツ②不動産投資では必要な修繕を行うこともコツ
 
修繕が必要な物件を放置していては、居住環境に関わります。
近隣に同じくらいの賃料でより居住環境の良い物件があれば借主の流出にもつながるのです。
修繕が必要だと思っている場合は、迅速に修繕の計画を立て、早めに修繕を実行することが重要になります。
 
コツ③不動産投資の管理会社はよく選ぶ
 
管理会社は不動産投資の相談役であり、実務のサポーターでもあります。
不動産投資において重要な存在だからこそ、管理会社はよく選ぶことが満室経営のコツです。
具体的には管理会社の知識や行動力、相談の際のアドバイスなどをチェックし、管理会社を選びましょう。
 
管理会社が思うように動いてくれない場合は別の管理会社に変えることも重要です。
 
コツ④不動産投資ではターゲット選定も満室経営のコツ
 
満室経営のためにはターゲット選定を徹底し、ターゲットに合わせた不動産運用を行うことが重要です。
たとえば若い単身世帯をターゲットにするなら、単身世帯の居住環境をアップし、住みやすい収益物件にする必要があります。
ターゲットの洗い出しや戦略の確認は定期的に行うことが重要です。
 
ターゲットを決めたら、そのターゲットにアピールできる宣伝広告を考える必要もあります。
資料を分かりやすくしたり、広告する媒体を検討したりするなど、管理会社とよく相談してみましょう。
 
 

最後に

不動産投資で空室率が高くなるとオーナーにとってリスクになります。
空室のリスクにどのように対処し、満室経営をするかが問題になるのです。
しかし、オーナーが不動産投資で収益物件を所持するだけで空室が自動的に埋まるわけではありませんから、満室経営のためには対策が必要になります。
 
満室経営のコツは管理会社をよく選ぶことなど、4つあります。
満室経営のために適切な方法は何か管理会社などと相談しよく検討してみましょう。
 
不動産投資・収益物件のお悩みはスペースエンタープライズへお気軽にご相談ください。