コラム

不動産管理会社の変更など入居率アップの4つの対策

不動産の入居率とオーナーの収入には密接な関係があります。
入居率が下がるとオーナーの収入も下がるのです。
オーナーの収入を維持するためには収益物件の入居率は重要な問題になります。
入居率の低い物件の場合は入居率アップの対策をとることが重要です。
 
入居率アップのためにはどのような対策をとればいいのでしょうか。
不動産管理会社の変更など、オーナーが考えたい入居率アップの対策を説明します。
 

不動産管理会社の変更など入居率アップの4つの対策

不動産の入居率アップの対策には次のような方法があります。
 
・不動産管理会社と話して状況を把握する
 
やみくもに入居率アップのために動いても意味がありません。
そもそも不動産の状況が分からないと入居率アップの対策も取りようがないはずです。
まずは不動産管理会社に入居率などの状況を確認しましょう。
 
・近隣の収益物件の賃料相場を確認と見直し
 
収益物件の入居率に影響を及ぼしているのは近隣の家賃相場や他オーナーの収益物件かもしれません。
たとえば近隣の家賃相場より高い賃料を設定している場合は、入居者は外の物件に流れてしまうことでしょう。
周辺にある人気の物件の家賃相場なども確認し賃料の見直しを行いましょう。
 
・近隣の人気物件の人気の理由も確認する
 
近隣の人気のある物件は賃料だけが理由ではないかもしれません。
近隣の人気物件を分析することで「何が借り手に人気なのか」を不動産管理会社と分析してみてください。
そのうえでリフォームや設備の追加など必要な対策をとります。
 
・入居率アップのために不動産管理会社を変更する
 
入居率には不動産管理会社が影響していることがあります。
不動産オーナーが入居率アップのために動こうとしても不動産管理会社の動きが鈍い場合は
不動産管理会社を変えてみるのもひとつの方法です。
 

入居率アップのためには不動産管理会社を見直すことも重要

不動産管理会社は不動産の管理を一手に引き受けますので、
収益物件を運用するオーナーにとってパートナーとも呼べる存在です。
しかし、そのパートナーが思うように動いてくれない場合は信頼して不動産管理を任せることが難しくなるはずです。
入居率を上げるために不動産管理会社が積極的に動いてくれないケースもあるため、
入居率がふるわない場合は不動産管理会社についても見直してみてはいかがでしょう。
 
たとえばその地域にあまり縁のない大手の不動産管理会社に依頼していた場合、
その地域に密着した不動産管理会社へ変更することで入居率アップ対策をすることも可能です。
地域密着型の不動産管理会社はその地域の収益物件の状況や情報をよく理解しているからです。
 

最後に

オーナーにとって収入に直結するからこそ入居率アップは重要な問題です。
入居率アップには4つの対策もあります。
入居率アップのために賃料の見直しをするときは「本当にこの会社に任せていいのか」と
不動産管理会社についても定期的に見直しをすることがポイントです。
 
物件の入居率アップ対策はスペースエンタープライズにお任せください。