コラム

賃貸管理と建物管理の違いとは?

■賃貸管理と建物管理の役割の違い

 

賃貸管理と建物管理はアパートなどの収益物件を管理するという点では同じですが、管理する部分に違いがあります。

 

・賃貸管理とは

 

賃貸管理とは主に「部屋の中」の管理や事務のことです。

入居希望者が契約を結んで借りるのは収益物件1棟ではなく、1室になります。

アパートなどの収益物件において、それぞれの部屋に内部にまつわる管理を行うのが賃貸管理になります。

たとえば、部屋を借りる入居希望者を募ったり、契約や家賃の回収を行ったりすることは、アパートなどの収益物件の中でも1室にまつわることです。

そのため、賃貸管理に該当します。

この他に、入居者からのクレーム対応や事務対応、問い合わせ対応、1室内部のリフォーム関係の対応なども賃貸管理に該当するのです。

 

・建物管理とは

 

建物管理とは、アパートなどの収益物件の「建物全体」にまつわる管理や事務のことです。

アパートなどの収益物件の共用部分に関することや、1棟全体の建物清掃・定期清掃、1棟全体の修繕などは建物全体のことですから、建物管理に該当します。

賃貸管理とは「1室のこと」と「建物全体のこと」という違いがあります。

 

■オーナーの業務の違い

 

賃貸管理と建物管理ではオーナーの業務にも違いがあります。

 

オーナーがアパートなどの収益物件を管理している場合は、入居の募集や契約、1室の契約者からの家賃回収、1室にまつわる事務処理などはオーナー業務の中でも賃貸管理になるのです。

対してアパートなどの収益物件の共用部分を清掃したり、修繕計画を立てたりすることはオーナー業務の中でも建物管理に該当します。

エレベーターの管理や点検、管理組合の運営なども建物管理になります。

賃貸管理と建物管理、どちらもオーナー業務ではありますが、建物全体のことと1室のこと(室内のこと)という違いがあるわけです。

 

賃貸管理と建物管理にはこのような違いがあるため、管理業務の内容を勘違いして管理会社と契約してしまうと、オーナーが望むような不動産管理ができず不満につながる可能性があります。

たとえば契約管理などをして欲しくて管理契約を結んだのに、内容は建物管理の方でした。

オーナーは賃貸管理を望んでいたわけですから、管理内容違いになるわけです。

 

■最後に

 

アパートなどの収益物件を管理するために管理会社と契約を結ぶときは、契約内容が賃貸管理なのか、それとも建物管理なのか、しっかり確認することが重要です。

管理内容の違いを把握せずに契約してしまうと、トラブルや後悔の原因になります。

管理内容の違いについて理解し、望む管理内容で契約するよう注意しましょう。

 

アパートなどの収益物件の管理はスペースエンタープライズにお任せください。